八王子パッション

八王子市の取り組み

JA八王子パッションフルーツ組合は平成25年2月20日に発足しました。
若手農業後継者8人が集いパッションフルーツを八王子の名産品にしようと
全農東京都本部とともに、パッションフルーツ普及の様々な活動をおこなっています。

パッションフルーツの花は1日しか開かず、受粉作業は手作業。

鶏卵のような丸い実は緑から熟すと赤くなる。

パッションフルーツを栽培してる農家の方々

野島為義さん・鈴木達也さん・源原研一さん・石川耕平さん<br>澤井孝行さん(組合長)・町田紘一さん・田中淳一さん・濱中俊夫さん

左から野島為義さん・鈴木達也さん・源原研一さん・石川耕平さん
澤井孝行さん(組合長)・町田紘一さん・田中淳一さん・濱中俊夫さん

パッションフルーツのゆるキャラ
「ふるーみん」の誕生

パティスリーメゾンはJA八王子からの依頼を受けて、パッションフルーツの果汁を
使った白あん入りどら焼き「ふるーみんどら焼き」を考え、商品化されました。

ふるーみんどら焼き

パッションフルーツの白餡子